スペシャルティーコーヒーとは

世界のコーヒー産地

World

コロンビア共和国

首都:ボゴタ
★カップ・オブ・エクセレンス開催国

通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家です。
東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面しています。人口はブラジル、メキシコに続きラテンアメリカで第3位。コーヒーは勿論、エメラルド、バラ(切り花)の産地としても有名です。

コロンビアでは80以上の言語が話されていますが、公用語はスペイン語です。また、コロンビアのスペイン語は南米で最も正しくスペイン語のアンダルシア方言を残していると言われています。

コロンビアのコーヒーについて

コロンビアは世界第2位のアラビカコーヒー生産国です。 国土のほぼ全土が山岳地帯や高地であり、有名なアンデス山脈の斜面でコーヒーの栽培がされています。ナリーニョ、トリマ、マグダレナなど有名な産地がいくつも存在します。

アンデス山脈の斜面は山岳森林にとって、理想な環境です。複雑な地形は植物、動物両方の種の途方もない生物の多様性を養い、多様な環境条件を作り上げています。また、気候もさらに特別です。熱帯収束現象帯がコロンビアを年2回2度横切ることにより、2度の乾季と雨季があります。朝夕の気温差が大きい山地型の気候、水はけのよい弱酸性の土性、年間2000mmをこえる降雨量は、コーヒー栽培には絶好の環境です。

コロンビアで生産されるアラビカ種は、中央アンデス、セントラル山脈でほとんどがシェードツリー(コーヒーの木を守る役割の木)無しで栽培されています。また、30万以上の農民がコーヒー栽培に携わっていると言われています。

精選方法は主にウォッシュド(水洗式)。輸出規格はスクリーンサイズ(コーヒー生豆の大きさ)によって分けられています。

コロンビアのコーヒーは、甘い香りやしっかりとした酸味、重厚な風味が特長であると言われています。

世界各地のコーヒー豆を購入する
  • 業務用販売
  • 焙煎日について
  • ダイレクトトレード
  • コーヒーの豆知識
ページトップへ
  • Facebook
  • オンラインストア
  • お問い合せ