スペシャルティーコーヒーとは

スペシャルティコーヒーの歴史

History of Specialty Coffee

激動の時代を経て発展したその歴史。

「スペシャルティコーヒー」の概念が誕生したのは1980年代です。流通するコーヒーの品質向上、コーヒーの消費量低迷に歯止めをかけること、適正価格の取引を目的として1982年にアメリカでスペシャルティコーヒーの協会「SCAA」(Specialty Coffee Association Of America)が誕生しました。以来、スペシャルティコーヒーは発展を続けています。
スペシャルティコーヒーの概念が生まれるまで1960年代、70年代の東西冷戦下では、コーヒーはアメリカによって中南米諸国の共産化防止策として大量に買い付けられていました。
いわば、コーヒーは「買い叩かれる」状況にありました。そのため生産国の品質低下を招き、アメリカでのコーヒーの味は低下し続けることになりました。薄いコーヒーは更に薄くなり、お替り自由が当たり前の価値の無いものになっていきました。そしてハリウッド映画などで揶揄されるようにアメリカのコーヒーは不味いイメージで浸透していきました。やがて、そうしたイメージの中でアメリカ人のコーヒー離れにつながっていったのです。

そして東西冷戦も終結を迎えるころ、カリフォルニアでピーツ社のような高品質のコーヒー、ダークロースト(深煎)のコーヒー自家焙煎店が出現し始め、コーヒーの消費の流れが、少しずつ高品質を求める方向へ向かっていきます。

1982年
アメリカスペシャルティコーヒー協会設立(SCAA)
1987年
おいしいコーヒーの普及と啓蒙を目的に「全日本グルメコーヒー協会」として発足
1999年
世界スペシャルティコーヒー会議」(日本大会)を契機に
「日本スペシャルティコーヒー協会」に名称変更
1999年
カップオブエクセレンス プロジェクト開始
(スペシャルティコーヒーのインターネットオークション)
2003年
国内外に向けより開かれた協会として、
「日本スペシャルティコーヒー協会」として新規設立

「スペシャルティコーヒー」という言葉、概念が誕生することにより、コーヒーに対する意識に変化が生まれました。

“スペシャルティコーヒー”の言葉出現以前
  • 欠点豆の有無をチェックするネガティブ評価基準を実施
  • 「 おいしさ」という観点での評価はしない
  • 栽培に特別な自然環境条件や技術が必要でなく、
    その結果として、風味特性やその他の品質に格別特別なものがないため、
    差別化特性がない
  • 価格が主たる判断基準になるコーヒー
“スペシャルティコーヒー”の言葉出現以後
  • ワインと同じように、味のキャラクターを掴むポジティブ評価を開始。
  • 欠点豆が無いことが前提条件となり、特別な風味特性を評価。
  • From Seed to Cupの概念を取り入れた組織。
  • 生産者、ロースター、バリスタ、消費者のつながり。
  • 正確で信頼性が高い情報の収集と開示。

消費者、買い付け業者の意識の変化だけではなく、生産者の側でも意識の改革が求められたのです。スペシャルティコーヒーは、単に消費者の嗜好性の高まりだけではなく、コーヒー市場全てを高めることを目指す概念です。 スペシャルティコーヒーは量より質が求められる時代に生まれた言葉です。時代が進むにつれ、コーヒーに対して生産者、消費者とも意識が変化してきました。1989年以降は供給過剰からコーヒー相場は暴落し、生産地での原価割れからコーヒー農園を手放す生産者が増加し、コーヒーの質は下がり続けました。 その後2000年~2002年にかけて、市場価格に振り回される生産者の存在、時代背景から消費国側も危機感を持ち、適正価格で高品質コーヒーを買い付ける必要性が求められるようになりました。以後、この方向性を保ちながらコーヒーの取引が行われています。コーヒーの生産者、消費者が互いに意識を高く持ち、品質の良いコーヒーを広げていかなければなりません。

今後のスペシャルティコーヒーの世界では、正確で信頼性が高い海外の情報の収集と開示が進み、生産国のスペシャルティコーヒー団体と密な関係を保ち、生産関連の情報の収集と開示が進むでしょう。近年では各種の技術向上のためのトレーニングプログラム・知識向上のための.マイスタープログラムの充実が進んでいます。

  • 業務用販売
  • 焙煎日について
  • ダイレクトトレード
  • コーヒーの豆知識
ページトップへ
  • Facebook
  • オンラインストア
  • お問い合せ