スマホ受注

田代珈琲では、コーヒー豆の「鮮度」を重視しています。
コーヒー豆には、製造日の記載についての明確な法律はありません。
「豆を焼いた日」ではなく、「豆を袋に詰めた日」が製造日として記載されているお店も多いのが現状です。製造コストからの視点では、稼働率上、分量をより多く製造することでコストを抑えることになり、鮮度や品質に関する考えはここではありません。

しかし、豆は焙煎直後から劣化が始まります。コーヒーもお肉やお魚と同様に鮮度寿命は短いものであり、コーヒー豆を焼いてから1日のものと2週間のものでは香りや品質に差が生じてしまいます。そこで、弊社では商品を焙煎する曜日を限定し、毎週3回の焙煎で常に新鮮な焼きたてのコーヒー豆を提供できるよう、スマートフォンの受注システムを開発の依頼を致しました。これは徹底した受注製造を行う為に計画焙煎を仕組みで実施するといった内容です。

それが「SAP(Smart Assist Partner)」です。
「SAP(サップ)」とは、弊社のオリジナルの受注ソフトです。
このソフトをご利用頂くことで、注文のたびにお電話・FAXをして頂く必要がありません。ソフトを起動し、ご希望の商品と量、お届け日をお選び頂くだけでご注文が完了します。ソフトには履歴が残りますので、ご自身のご注文履歴も確認して頂けます。

弊社の思いとお客様のご理解が合わさることで、鮮度を活かした商品の販売が可能となり、新しいマーケットの創出をサポートさせて頂いています。どこにもない新鮮なコーヒーで、ご来店されるお客様を香りとともに笑顔にしてみませんか?

  • 1.商品一覧

    ソフトを起動し、商品一覧画面からご希望の商品を選択してください。

  • 2.商品詳細

    商品の詳細画面です。こちらで、挽き方・焙煎発送日・内容量を選択してください。

  • 3.ご注文

    ご注文内容を確認してください。
    問題なければ発送先を選択して、ご注文完了です。

ページトップへ
  • Facebook
  • オンラインストア
  • お問い合せ